ホーム > 未分類 > リビング用回転椅子

リビング用回転椅子

投稿者:(S)

CHAIR_2044以前にこのブログで生活リセット世代に向けた家具の開発を進めると書いたが、そのひとつとして、椅子の試作ができた。これはモダンシニアの方々に使っていただきたい回転椅子である。リビングルームに置いてTVを見るとき、読書をしたりお茶を飲むときなどにゆったり寛げる、それが開発のコンセプト。

椅子が回転するというのはとても便利なものだというのが、使ってみるとよくわかる。文字通り360度回転するから、どの方向へも立てるしどの方向からも座れる。おまけに両肘がついているので立ち居も楽だ。

だが、市販の回転椅子には2つの問題がある。①は座面が高すぎること。一般のダイニングテーブル(高さ70~75cm)に応じた椅子だと、座面までの高さが42~45cmあり、靴を履かない日本の生活スタイルでは踵が床にしっかりつかない(脚の長い人は別)ので長く座っていられない。②はモダンな生活空間に置くにはデザインがいまひとつであること。安いけどダサい、ではいまどきのアクティブシニアは満足できないだろう。

試作品はこれから改善を重ねていく。特に座り心地などは立体にして初めてわかることだから、背の角度を変えたり、座面の高さ、奥行、巾など、数ミリ単位で検討する必要がある。ただ、モダンでシンプルという全体の雰囲気はこのままにしたい。

因みに試作品の仕様は、大きさ56(W)×55(D)×72(H)で座面Hは35(いずれもcm)、重さ約10kg、ホワイトアッシュ材にウレタン塗装(ダークとライトの2種)、イタリア製ファブリック(2色)張り。価格を詰めて来年1月発売予定。(S)


コメント:0

コメント入力フォーム
※次回からこの入力を省略する

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://yswork.co.jp/blog/post/686/trackback
このブログ記事を参照しているブログ一覧
リビング用回転椅子 from 生活具の企画・販売 | 株式会社ワイズワーク

ホーム > 未分類 > 6㎡に300時間

ページの先頭へ