ホーム > 未分類 > 伝承と伝統

伝承と伝統

投稿者:(S)

先日、鹿児島県の要請で大島紬のメーカーさんを対象に講演、次の日は川辺仏壇の産地視察に行ってきた。何れも国の伝統的工芸品産業として指定され、そして近年の売上不振に陥っている産業だ。伝産業界は日本人の生活スタイルが変ってきた影響をモロに受けていて、その典型である着物と、仏壇産業の苦悩を目の当たりにした2日間であった。

キモノを着なくなった、仏壇を置く気持ちも場所もなくなったという流れをとめることはできない。だから、どんなに経済環境がよくなっても、どんなに新たな商品を開発してもバブルの頃の水準まで売り上げを回復することは無理だろう。ならばやることは衰退を少しでも食い止めることであるが、現場を見た限りではどちらも有効な手を打てないでいるようだ。無論、私も特効薬を持ち合わせているわけではない。ただ、この世界でものづくりをするなら、“伝承”と“伝統”を明確に区別することが大切ではないか。このことを現場で強く訴えた。

“伝承”とは昔から受け継いできた素材や技術を変えることなく継いでいくことであり、それを一子相伝で守ってきた地域も少なくない。これに対し“伝統”とは、素材や技術、また、モノそのものを時代に従って変化させていくことである。つまり、伝承は保守であるのに対し、伝統は改革と言ってよく、この差は大きい。時代のニーズに応じて変化させたからこそ伝統産業は産業として存在してきたのであり、伝承では成り立たなかったはずだ。平たく言うなら、伝統は経済産業省の範疇であり、伝承は文部科学省のもの。 その区別がついていないことが産川辺仏壇業凋落の要因のひとつである、と私は思う。

大島紬ではキモノからファッションへの転換を図り、川辺仏壇は小型の仏壇に活路を見出そうとする。しかしこういった試みも、今、ユーザーが商品に求めている価値とかなりのズレが感じられる。作る側の思い入れだけで商品開発するという“伝承”が、残念ながらここでも続いているのだ。(S)

(写真は仏壇メーカーの新商品。屋久杉を材にした高さ40センチほどのもので、予定販売価格は40万円とか) 


コメント:0

コメント入力フォーム
※次回からこの入力を省略する

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://yswork.co.jp/blog/post/983/trackback
このブログ記事を参照しているブログ一覧
伝承と伝統 from 生活具の企画・販売 | 株式会社ワイズワーク

ホーム > 未分類 > 6㎡に300時間

ページの先頭へ